禁煙トイレのためにもチャンピックスで禁煙を

現在では禁煙になっているトイレも様々なところが多いですので、喫煙依存の人は本格的な治療を受けて対応しておく必要があります。たばこの問題については副流煙におる受動喫煙のこともありますので、多くの場所で禁煙が進んでいます。たばこにはニコチンが含まれていて、喫煙することでニコチンを摂取すると脳内にある受容体と結合して、神経伝達物質のドーパミンが放出されます。ドーパミンの放出は幸福感を感じることができるので、たばこを止められなくなりますし、耐性が現れることで離脱症状が出ます。そのために再びたばこを吸って、快感を味わいたくなってしまいますので、効果的な治療法としては禁煙補助剤の服用となります。
現在では禁煙治療を受けられる医療機関がたくさん存在しており、禁煙補助剤としてチャンピックスの処方が行われています。チャンピックスに含まれている成分は脳内の受容体と結合する作用があることから、少しだけ受容体を活性化させることが可能です。
たばこに関しては完全に受容体への影響を阻害してしまうと、離脱症状が現れることで禁煙できなくなってしまうことから、受容体と結合して微量にドーパミンを放出させる作用のあるチャンピックスを服用することで、離脱症状を軽減しながらたばこを止めることができます。チャンピックスを服用しているときに喫煙したとしても、脳内の受容体にはチャンピックスの成分が結合しているために、ニコチンが結合することを阻害できます。その効果によって、喫煙をしてもドーパミンの放出が増えなくなることから、満足感が得られなくなって禁煙に繋げられます。チャンピックスを服用することで、眠気や腹痛などの副作用が生じる可能性がありますので、不快感が現れたときには医者に相談することが大切です。