喫煙するなら禁煙グッズとチャンピックスどちら?

禁煙グッズとチャンピックスで迷う男性

今の日本では多くの場所が禁煙となり、肩身の狭い思いをしている喫煙者も多くいます。また健康のことを考えて禁煙を考えている人も多いのですが、その成功率は10%ほどと言われており、多くの人が挫折しています。いきなりタバコをすべてやめてしまって禁煙をするのではなく、禁煙グッズを使って禁煙を行った方が良いと思われがちですが、そこに落とし穴があります。
禁煙用のパッチなどのグッズの多くには、少量ではありますがニコチンが配合されています。喫煙をやめられないのはタバコの煙に含まれているニコチンが脳内で受容体と結合し、アドレナリンを放出するためです。タバコを吸うとニコチンが受容体と結合しアドレナリンを放出するので「タバコがおいしい」と感じるようになり、だんだんとタバコをやめることが出来なくなってしまうのです。そのため、ニコチンが含まれている禁煙グッズではニコチンを断つことが出来ないために禁煙を行うのが難しいのです。チャンピックスは禁煙成功率が78.5%とも言われている高い確率なのですが、普通の禁煙グッズとの違いはどこにあるのでしょうか。
チャンピックスにはニコチンが含まれていません。先に脳内の受容体と結合してしまうため、タバコを吸ってもアドレナリンが放出されないので「タバコがおいしい」と思えなくなります。これによってタバコをやめることが出来るのです。
費用の面を考えると、チャンピックスは医薬品のため医師の処方箋が必要になるため、一定の条件をクリアして健康保険を利用しても2万円前後の費用が掛かってしまいます。しかしチャンピックスを使用する12週間の間に吸うタバコの代金は2万円以上になる人も少なくありません。チャンピックスを処方してもらい、禁煙にチャレンジしてみてはどうでしょうか。人気の禁煙治療薬ニコレット病院取り扱い情報はこちらです。