チャンピックスの副作用の吐き気

タバコの値段は消費税が5%から8%になったことで、従来300円だったタバコも現在では420円や450円と言う高額な値段になっています。また、消費税は8%から10%に増税されると言われていますし、増税前にはタバコの値段が再び上がるなどの理由からも禁煙をしてタバコを止めようと言う人も多くなっています。タバコは値段が高くなって止める人もいれば、身体に良くないからと止める人もいるわけですが、長年吸い続けている人は簡単に止めることが出来ないケースが多くあります。
タバコを吸うと体内にニコチンが取り込まれ、ニコチンは脳内物質のニコチン受容体と結びついて、神経伝達物質のドーパミンを分泌させて快感や満足感を味合う事が出来るようになります。しかし、タバコを止める事でニコチンは体内に取り込まれなくなり、ドーパミンの分泌が行われなくなると離脱症状が起きる事になります。
この離脱症状を抑えてくれる禁煙補助剤の一つにチャンピックスがあります。チャンピックスは病院の禁煙外来で処方して貰うことが出来る医薬品で、医師の処方が必要と言われています。チャンピックスはニコチン成分が含まれていないのですが、服用することで少量ではありますがドーパミンを分泌させる作用があり、禁煙時の離脱症状を抑制させる効果を持ちます。また、チャンピックスを服用することでタバコが美味しくないと言った作用も期待する事が出来るため、禁煙の成功率が高くなると言われています。尚、チャンピックスは食後に服用することが推奨されているのですが、食前に服用すると副作用が大きく出てくるなどの理由からも食後に服用するように医師からの指導も受けますが、食前に服用すると吐き気などの症状が起きると言われています。